2015年6月21日(日)

大野先生講演会
「特性を持つ子ども達の思春期から就労支援まで」
ーおれんじ村の子どもたちー

おれんじ村主催の大野先生の講演会がありました。
まずは大野先生から、「自閉症スペクトラム、ADHDの子と思春期の課題と対応」という題でのお話がありました。
「思春期」の身体や心の変化、「感覚」や「脳」についてや、向き合う方法など、具体的にお話されました。

参加された方は、自分の子どもたちのことを思い浮かべながら話を聞いておられたようで、
頷いたりハッとしたり、それぞれに考えを深められたようでした。

おれんじ村からは、逸見がおれんじ村での療育から卒業までの話をしました。
それぞれの進路への支援、療育の説明をしました。

続いて臨床心理士の天野が、おれんじ村の療育で使っているグループエンカウンターについて説明し、「森の何でも屋さん 保護者さんver.」を実際に行いました。

このワークを通じて色々な気づきがありました。私たちスタッフもこの機会で感じたこと、学んだことを活かしていきたいと思います。

皆さま、お忙しい中、たくさんのご参加をいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。